あうん堂について漢方を考える町の駆け込み薬局として症例のご紹介ご相談の流れ料金について煎じ代行サービス


今日の伝言板



9月最終号

2014年09月27日

9月最終号
今月最後の木曜日妻と食事に出かけました。木の門をくぐると石畳があり、しばらく行くとガラス戸があり、がらりと開けると異次元に入ったような錯覚を感じます。
まず座敷に上がっておいてあるテーブルは、イギリス製の古い物らしいのですが、どっしりとして風格があります。
あちこちに部屋があり、それぞれに時代が設定されているようです。ある部屋は江戸時代、ある部屋は長崎のオランダ屋敷を思わせるように
しつらえてあります。食器もイギリスのウェッジウッドとかドイツのマイセンとかがならべられており茶器もさることながらその他の調度品にしても、ただ単にレトロ調という域を超えてvintageそのものという感じ。
その中の気に入った食器で紅茶や珈琲が戴けるという具合にすべてに気品と重さを味わえるようになっている。
先ほどのテーブルで食事をいただき、その後廊下側のテーブルに移動して、珈琲をいただいた。
9月最終号


9月最終号


ひさびさに心癒される空間に時間を忘れました。



漢方相談あうん堂薬局は、煎じ薬・エキス剤専門です。
丁寧なカウンセリングを元に適切な処方を行うため、ご予約の方を優先とさせていただいております。
ご来店の場合は、あらかじめお電話にてご予約をお願いします。
※カウンセリング料金はこちら。詳細はお電話でお問合せください。)

090-8932-3779(営業時間:11:00~19:30)
※事前にご連絡ください。出られない場合は、着信とメッセージを残していただければ後ほど折り返しご連絡いたします。
メール・skypeでのご相談もお受けしております。  >>  詳細はこちらから
同じカテゴリー(丹波だより)の記事画像
風倒木をいただく
この時期ムカデが多い
今年も薪を取りに山へ
今年も薪を取りに山へ
花咲爺さんは長生き
そろそろ冬の準備
同じカテゴリー(丹波だより)の記事
 風倒木をいただく (2017-12-14 20:00)
 この時期ムカデが多い (2017-05-29 12:30)
 今年も薪を取りに山へ (2017-05-15 19:00)
 今年も薪を取りに山へ (2017-05-15 19:00)
 花咲爺さんは長生き (2017-04-25 01:00)
 そろそろ冬の準備 (2016-09-25 21:00)
Posted by 漢方相談あうん堂薬局 at 21:00│Comments(0)丹波だより

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。