あうん堂について漢方を考える町の駆け込み薬局として症例のご紹介ご相談の流れ料金について煎じ代行サービス


今日の伝言板



10月号 実りの秋たけなわ

2015年10月13日

10月号 実りの秋たけなわ
あちこちで村祭りの太鼓の音が聞こえてきます。稲も収穫がほぼ終わって、まだ少し残っている田も晴れのうちに刈っています。
私の村は祭りはないのですが、枝豆の販売がありました。
私のいる村の「郷クラブ」というグループの人たちが、休耕田を利用して丹波黒を毎年植えています。一筋を購入するのですが、今年は、出来が悪いということで、昨年の1/3の値段になりました。確かに高さは昨年の半分以下ですが、下の方に実がたくさんなっています。
このまま12月頃までほおっておくと黒い実になります。いわゆる丹波黒と言われる豆です。
10月号 実りの秋たけなわ
さて、次に柿ですが、私の家の柿は実ったのですが熟し方が前の年とは違っているようです。
熟するのが早すぎるのです。食べてみるとあまり甘味がないようです。
10月号 実りの秋たけなわ



「ことしは富有柿はダメよ」とご近所の方が教えてくれました。その代わりに私の家に実っている柿を取りにおいでと誘ってくれましたので、妻と一緒に取りに行きました。これがその柿ですが、富有柿に比べたらかなり小振りなんですが、食べたらなんと美味しいこと。
10月号 実りの秋たけなわ
名刺の大きさと比べていただいたらよくわかると思います。左は富有柿です。
この柿の名前を聞いたところ「たかなしょ」ということでした。調べても出てきませんでした。
それからもうひとつ教えてくれました。「今年柿の木にカラスがやってきた?」
そういえばいつもはカラスがついばんで実が落ちているのですが、今年はその気配がなかった。
「それは美味しくないからだよ、 カラスがよく来ている木は美味しんだよ。」
ああそういう見分け方があったのか。なるほどなあ。
このあと何が採れるのかなあ、と考えてみますと、山に入るとベテランならマッタケも少しみつかるそうです、それとみかんが採れるようになります、12月に入るとキュイも採れるようになります。今年は大きな実がなっていました。
なかなか楽しみです。




漢方相談あうん堂薬局は、煎じ薬・エキス剤専門です。
丁寧なカウンセリングを元に適切な処方を行うため、ご予約の方を優先とさせていただいております。
ご来店の場合は、あらかじめお電話にてご予約をお願いします。
※カウンセリング料金はこちら。詳細はお電話でお問合せください。)

090-8932-3779(営業時間:11:00~19:30)
※事前にご連絡ください。出られない場合は、着信とメッセージを残していただければ後ほど折り返しご連絡いたします。
メール・skypeでのご相談もお受けしております。  >>  詳細はこちらから
同じカテゴリー(丹波だより)の記事画像
風倒木をいただく
この時期ムカデが多い
今年も薪を取りに山へ
今年も薪を取りに山へ
花咲爺さんは長生き
そろそろ冬の準備
同じカテゴリー(丹波だより)の記事
 風倒木をいただく (2017-12-14 20:00)
 この時期ムカデが多い (2017-05-29 12:30)
 今年も薪を取りに山へ (2017-05-15 19:00)
 今年も薪を取りに山へ (2017-05-15 19:00)
 花咲爺さんは長生き (2017-04-25 01:00)
 そろそろ冬の準備 (2016-09-25 21:00)
Posted by 漢方相談あうん堂薬局 at 21:00│Comments(0)丹波だより

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。