あうん堂について漢方を考える町の駆け込み薬局として症例のご紹介ご相談の流れ料金について煎じ代行サービス


今日の伝言板



痔の痛みを考える

2017年04月10日

自分がなってみて初めて人の辛さがわかるといいますが、悩みや痛みは自分自身が当事者になって初めて分かります。
私も60年を越して生きてきましたので、それなりに人生経験も積んできたと思っています。
心の痛みや身体の痛みも味わってきました。
今日はその中でも身体の痛みを考えてみたいと思います。
この前女性のお客様とお話をしていた時に、痔の話題になりました。痔で悩んでいる女性が意外と多いということでした。
そのことについては、出産以後痔で悩まされている女性が多いとは聞いていましたが、その時の話では、中年以降もそれで悩んでいる人が多いということでした。
私自身も痔で悩みました。いわゆる切れ痔と言われているものなんですが、大変痛いです。
便をするにも少し考えながらしました。そして痔になった時に分かったことですが、日常生活で動作をしたときには必ず肛門に力が入っているということです。立ち上がる、動き出す、座るどんな動作をするにも肛門にきゅっと力が入ります。
痔でない時には全く気付かなかったことですが、なんともないときの有り難さを本当に感謝した次第です。
痔の痛みを考える
この図は心臓から出た動脈血が肛門の周囲を取り巻く静脈叢に行って門脈を通って肝臓に戻っていくのを簡単に書いてみたのですが、
この静脈叢から肝臓へ戻る門脈を通る血液がうまく循環せず滞り、うっ血を起こし肛門部位に炎症が起こった状態が「痔」のもとになると言われています。
現在どのような薬剤が使われているのか調べましたが、飲み薬ではヘモリンガルとかサーカネッテンとか、座薬ではポステリザン軟膏とか
痛み止めとか、ステロイドが入った座薬がありましたが、昔とあまり変わっていませんでした。
これらは局部の改善や炎症の緩和をのみ考えています。あとは手術なんでしょうか。
ですから、局部的には良くなったように思いますが、時間が経つとまた出てきます。何故ならその因は肝にあるからです。
肝を柔らかくして門脈からの血液を受け入れるように循環を良くしていけば良いのです。これは正に漢方の世界です。
肝の疏泄に働く漢方薬はいろいろありその人に合った漢方薬を選べます。
また、局部へ塗る軟膏類も生薬を練り込んだ素晴らしいものがありますので、お試しください。





漢方相談あうん堂薬局は、煎じ薬・エキス剤専門です。
丁寧なカウンセリングを元に適切な処方を行うため、ご予約の方を優先とさせていただいております。
ご来店の場合は、あらかじめお電話にてご予約をお願いします。
※カウンセリング料金はこちら。詳細はお電話でお問合せください。)

090-8932-3779(営業時間:11:00~19:30)
※事前にご連絡ください。出られない場合は、着信とメッセージを残していただければ後ほど折り返しご連絡いたします。
メール・skypeでのご相談もお受けしております。  >>  詳細はこちらから
同じカテゴリー(あたりまえが感謝に代わる時)の記事画像
最近急に物が見にくくなってきた
同じカテゴリー(あたりまえが感謝に代わる時)の記事
 今回は、お尻について考えてみたいと思います。 (2017-04-06 22:19)
 最近急に物が見にくくなってきた (2017-02-08 21:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。