あうん堂について漢方を考える町の駆け込み薬局として症例のご紹介ご相談の流れ料金について煎じ代行サービス


今日の伝言板



漢方入浴料の販売

2017年05月26日


漢方薬に使用する生薬は飲用ばかりではなく外用にもよく使われています。軟膏とか湿布薬などがありますが、入浴料もなかなか良いです。
製造してから約3か月程テスト期間を設け、私が使ったり、人に使ってもらい批評してもらいました。
写真にあるように、とりあえずはA,B,Cと常備しました。あとDとEがあり計5種類の入浴料を作りますが、DとEは注文生産とします。
内訳は、Aは基本の入浴料で体のかゆみを軽減します。お肌もしっとりします。
高齢になってくると皮膚が乾燥してきてかゆみを覚えます。さらに、水道水中にある次亜塩素酸による皮膚への刺激もかゆみに加わります。ということで、Aは50~60代以上に好評でした。Bはその強化版ってとこです。
Cは少し変わって特にお肌に潤いを持たせるように設計しています。乾燥肌また潤い美人希望の人には良いと思います。
次にDとEですがこれらは皮膚病に対して設計しています。Dは一般の湿疹やその他の炎症に良いと思います。
Eはアトピー性皮膚炎や乾癬などを目標に設計しています。
これらすべての入浴料は、水道水中の次亜塩素酸を分解します。使い方はお風呂に入れてもよくまた洗面器に少量とってタオルで皮膚を潤すようにしても良いです。一度お使いください。





漢方相談あうん堂薬局は、煎じ薬・エキス剤専門です。
丁寧なカウンセリングを元に適切な処方を行うため、ご予約の方を優先とさせていただいております。
ご来店の場合は、あらかじめお電話にてご予約をお願いします。
※カウンセリング料金はこちら。詳細はお電話でお問合せください。)

090-8932-3779(営業時間:11:00~19:30)
※事前にご連絡ください。出られない場合は、着信とメッセージを残していただければ後ほど折り返しご連絡いたします。
メール・skypeでのご相談もお受けしております。  >>  詳細はこちらから
同じカテゴリー(皮膚病について)の記事画像
一家に一個あれば大変助かる薬
化学物質について考えてみよう、その1
同じカテゴリー(皮膚病について)の記事
 一家に一個あれば大変助かる薬 (2017-05-11 15:00)
 化学物質について考えてみよう その2 (2014-09-27 21:15)
 化学物質について考えてみよう、その1 (2014-09-12 12:00)
Posted by 漢方相談あうん堂薬局 at 21:00│Comments(0)皮膚病について

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。