あうん堂について漢方を考える町の駆け込み薬局として症例のご紹介ご相談の流れ料金について煎じ代行サービス


今日の伝言板



大腸ポリープについての一例

2018年06月20日

2016年(平成28年)の夏ごろでしたか友人で獣医師のNさんから電話があり、内容は自身の大腸ポリープについてのことでした。
彼の兄は昔大腸がんで亡くなっているという話から、彼自身にも大腸ポリープがあり、以前診察してもらった時には扁平状態のが約100個近くあり、今すぐには問題はないということだったのが、この度診てもらったところ「このままほおっておいたらよくないかも」ということだったので、
私に相談をしてきたという次第でした。
で、私は知り合いの病院関係者に聞いたところ、内視鏡を使って一個一個摘み取るんだそうな。ただし原因そのものは摘み取られていないということでした。
ポリープというのは漢方的な考えでは「腫れ物」と捉えて、それに対応する薬方を2種類飲んでもらうことにしました。私としてはポリープが消えてくるということには確信があったのですが、それがどのくらいの時間で何%減少してくるのかはまだ未知数でした。
で、7月の下旬ごろにその薬方2種類を送りました。それから約9か月ほど経った今年(2018年)の5月頃でしたか電話があり、その後の結果を診てもらったところ、なんと、100個あったポリープが10個にまで減少していたという結果を聞いて、彼自身はもとより私もびっくりした次第でした。本当に良かったし嬉しかったです。ここまで来たら完全に消えるまで飲むことにしようと張り切っていました。
さらに、嬉しいことがありました。そのポリープの薬方を送るより前に、胆石の漢方薬を煎じ薬で送っておりまして、それの結果についてはまだ聞いていませんでしたが、この度同時に診てもらったところ。3個あると言われていたのが1個に減っていたということで、二重に喜ばれました。
胆石については中成薬の処方を参考にしました。






漢方相談あうん堂薬局は、煎じ薬・エキス剤専門です。
丁寧なカウンセリングを元に適切な処方を行うため、ご予約の方を優先とさせていただいております。
ご来店の場合は、あらかじめお電話にてご予約をお願いします。
※カウンセリング料金はこちら。詳細はお電話でお問合せください。)

090-8932-3779(営業時間:11:00~19:30)
※事前にご連絡ください。出られない場合は、着信とメッセージを残していただければ後ほど折り返しご連絡いたします。
メール・skypeでのご相談もお受けしております。  >>  詳細はこちらから
同じカテゴリー(悪性腫瘍について)の記事
 ガンで悩まれている人一緒に研究しましょう (2014-09-01 20:50)
Posted by 漢方相談あうん堂薬局 at 21:30│Comments(0)悪性腫瘍について

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。