あうん堂について漢方を考える町の駆け込み薬局として症例のご紹介ご相談の流れ料金について煎じ代行サービス


今日の伝言板



熱中症を考える

2018年08月09日


今年も梅を10Kgほどつけました。土用干しして一個一個指でもみもみして種と果肉を離します。あと1~2か月ほど漬け込むともっと赤くなってうま味が増してきます。塩の量は昔ながらの3割塩です。それも高温で炒ったものです。こうすると臭みが取れてまろやかな塩味になります。
重しを載せて封をして熟成させます。

で本題は熱中症なんですが、最近はなぜこんなに増えてきているのか不思議で仕方ない。
この時期になるといつも思い出すことがあります。
私は中学生時代にバレーボール部に入っていて夏休みともなると毎日のように学校で練習していました。9人制だったので一人かけてもいけないので毎日通い詰めました。バレーコートとといっても屋外の砂地にあり太陽を遮るものは何一つありません。
練習した後校舎の陰に入ってよく冷えた水を飲んでひっくり返っていました。さあやろかーとキャプテンが声をかけても誰も起き上がりません。ぐたっとなったままです。
あるとき先生が「おーい水を飲むなー」と言ってからしばらくすると大きなやかんを二つ引っ提げてやって来た。みんなはてっきり氷の入った冷たい水を期待したんだが、コップに注がれたものを見て「ううぁ・・・・・」と叫んだ。塩の入った湯であった。コップに注がれたのを飲んだんだが不思議と飲める。もう一杯飲んだ。なぜか喉も癒される、そのご練習を始めても疲れなかった。先生は体のことをよく知ってたんだなあ。
ですから私は夏になっても冷たい水は飲まない。それに塩を持っていて時たまなめている。

今年からは梅の汁を利用することにした。普段あまり使い道がないのだけれどもこれに目を付けた。
私が漬けた3割塩の梅の汁10~15mlを500mlまで薄めたのを飲んでいる。塩味もちょうどよく、酸っぱさも程よく良い。またクエン酸は血液をサラサラにするそうだからもってこいの飲料となる。これと常温の麦茶を持ち歩いている。
私は日曜日になると炎天下で作業をすることが多い。雑草刈りや冬に備えての薪を作っている。
ということで、汗の出る夏には塩を補給しなければならない。血圧を気にして過度に塩を恐れて水だけとかポ○リとかジュースというのは止めた方がよいと思う。必要な時には必要なんだと思います。。
汗をなめれば塩辛い味がする決して甘い味はしない。
砂糖を補給しても何の助けにもならない。血糖値が上がるだけだ。
塩には塩なんだ。そして血液濃度を上げる。私は梅の汁を飲んでこの夏も元気に乗り切っている。
また、暑い夏を乗り切るための漢方薬も有り難い味方になります。生脈宝とか清暑益気湯などの漢方薬です。
皆さんもぜひ試してください。




漢方相談あうん堂薬局は、煎じ薬・エキス剤専門です。
丁寧なカウンセリングを元に適切な処方を行うため、ご予約の方を優先とさせていただいております。
ご来店の場合は、あらかじめお電話にてご予約をお願いします。
※カウンセリング料金はこちら。詳細はお電話でお問合せください。)

090-8932-3779(営業時間:11:00~19:30)
※事前にご連絡ください。出られない場合は、着信とメッセージを残していただければ後ほど折り返しご連絡いたします。
メール・skypeでのご相談もお受けしております。  >>  詳細はこちらから
同じカテゴリー(最近思うこと)の記事画像
心臓病について考える
非定型抗酸菌について
手足口病とウィルスと板藍根について
同じカテゴリー(最近思うこと)の記事
 心臓病について考える (2018-03-11 23:55)
 寒い冬に高血圧の人の注意すること (2018-01-30 19:00)
 しもやけについて (2018-01-20 19:00)
 非定型抗酸菌について (2017-09-23 18:00)
 手足口病とウィルスと板藍根について (2017-08-03 20:00)
Posted by 漢方相談あうん堂薬局 at 02:00│Comments(0)最近思うこと

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。