あうん堂について漢方を考える町の駆け込み薬局として症例のご紹介ご相談の流れ料金について煎じ代行サービス


今日の伝言板



定年退職在宅亭主と私

2019年10月05日

この夏の初めに来店された女性なんですが、昨年肺マック症で来られていた方で、肺マック症の方は約7か月ほど煎じ薬を飲まれて
肺の下部に影が見えるということを言われたようですが、菌の培養検査でマイナスという結果が出て、咳もほとんどでなくなり、煎じ薬も飲まれてはいません。
で、この度来られたのは後鼻漏がひどくて何とかしたいということでした。その前に耳鼻科に行かれたようで診断は蓄膿症でそれによる後鼻漏だということで抗生物質を投薬すると言われたのですが、それを断って漢方で治したいということで来られました。
蓄膿症という診断があったので蓄膿と後鼻漏の漢方薬を飲んでいただくことにしました。
約二か月弱飲んでいただいたのですが、後鼻漏の方は一向に良くならない、仰向けになるとズーと鼻が喉の奥まで下りてきてなかなか寝付けない、ということでした。
おかしいな、この方は肺マック症を患いよく風邪もひかれるので鼻汁はよく出るんでしょうが、それにしてもすでに症状は改善されてもよいはずなんだが!!!
と思いながら話を聞いていますと、「私ねものすごいストレスがあるんです、それも毎日なんです」と言われました。
そのことは今まで話には出ませんでしたので、どのようなことなのか聞いてみました。すると、ご主人が定年退職して家にずっといるようになってからストレスを感じ始めたんです。
今までは、時たま知り合いと食事に入ったり、行きたいと思うところへぶらりっと行ったり、買い物に行ったりとしていたんですが、
主人がずっと家にいるようになってから、外にも出られず、昼ご飯も作らんといかんし、食事が終わると主人は黙って二階へ上がってしまうし、
というようなことが毎日続いて、私もしゃべりたくないので黙々と家の中で過ごしている。というようなことを一気にしゃべり張りました。
それならと、後鼻漏よりもストレスの薬を先に飲んでもらうことにしました。
ほんまに効果あるの?????
約二か月近く経った頃電話があり、今からすぐ行きますとのこと。
来店されて開口一番、「不思議なことがあったんです、私ね主人に私の方から話しかけているんですよ、今まで私の方から話しかけたことなんてなかったのにね、それが何の違和感もなくね私の方からぺちゃくちゃしゃべっている自分を発見したんです。その時はびっくりしましたよ、
私の方から話しかけているなんて。ほんまに不思議でしたよ、それにねもう一つ嬉しいことがありましてね。
後鼻漏も楽になってきたんです。
えっ、それほんまですか?わたしもびっくり
夫婦の会話も戻り、後鼻漏も良くなりよかったですね!!!
私も嬉しくなり、二人そろって大きな笑い はっはっはっはっは・・・・・・・・。

ストレスと後鼻漏  また一つ私の研究課題が増えました。
Posted by 漢方相談あうん堂薬局 at 23:05Comments(0)最近思うこと