あうん堂について漢方を考える町の駆け込み薬局として症例のご紹介ご相談の流れ料金について


今日の伝言板



たかが便秘されど便秘

2022年09月24日


9月に入ってある女性から便秘がちになって困っているとの連絡がありました。
まぁ普通の便秘がちの状態なのかと思って、麻子仁丸とか潤腸湯くらいで解決すると思い
その薬を飲んで頂きました。
が、それでも一向に解決せず時々コロコロ便が出るくらいで困っているとのことでした。
この女性は今年の2月下旬に第二子を出産された方で、第一子の時もこの度も帝王切開
されています。
今までは普通に便意があり快便だったのにこの度は大変な状態です、とのことでした。
お腹が張って非常に辛く精神的にもイライラしているとのことで、これを何とか早く解決
したいとのことでした。
で、承気湯類の中でエキス散剤のあるものを取り寄せて飲んで頂きました。しかし、
これでもコロコロが解消しないとの事でした。
精神的なイライラは増すばかりとのことでした。
普通の便秘薬では効かないようなこんなにも酷い便秘になる理由は何なのか?
とも聞かれました。
これは私の考えですが、帝王切開をすると血管はそこで断ち切られてしまいます。
ここで瘀血の状態になることが考えられます。それも二回目ともなるとその状態が酷くなります。
そのようなことが関係して、腸の状態にも何らかの形で変化が起こるのかなとも思います。
それと、腸の代謝が悪いといろんなものが溜まってきます。
便というのは、食べ物のカスが20%、後は40%が組織細胞の古くなったもの、残りの40%が
細菌の死骸と言われており、
それに化学薬品の分解物なども入って体に要らなくなったものが溜まっていると思われます、
それに熱も溜まっています。
また、大腸の襞にはこびりついた不要物もあるそうです。普通の便秘薬ではなかなか
排出が難しいと思われます。
しかしこの度飲んでもらった承気湯の煎じ薬はそれらを一気に出してしまう力があると
思われます。
で、今度はこの煎じ薬を飲んでもらうことにしました。これを飲まれて二日目でしたか、
しっかりと充分な量の便が出て身体も楽になり精神的にも楽になってきたとのメールが
届きました。
このようにたまには腸内に溜まっている不要な物や熱、いわゆる体毒のようなものを
すっきりと出してしまうのも良いかもしれません。
Posted by 漢方相談あうん堂薬局 at 06:00Comments(0)