あうん堂について漢方を考える町の駆け込み薬局として症例のご紹介ご相談の流れ料金について煎じ代行サービス


今日の伝言板



研究会の案内

2021年07月22日

研究会の案内
混沌という生物?
なかなか更新できぬまま半年が経ってしまいました。ウィルスの勢いは一向に衰えることなく変異を続け終息の目途が立たない、今まで永年の間に育まれてきた既成概念は根底から崩れて世の中は大きく様変わりをしていっていますね、先が見えない混沌とした世界が続くのかなぁ?そう混沌を調べてみたらカオスとも云われるようだ。どこかで聞いたような言葉。この上更に大規模な自然災害や戦争が勃発すればもっともっと混沌混沌が深まっていくのかな?

そんなことを考えながらも毎日毎日忙しく動き回っている。好きな釣りも竿を出したままもう何年も過ぎた。
ここ丹波は兵庫県の真ん中、日本海に行くにも瀬戸内に行くにも結構な距離があって気軽には行けないな。
しかし、山の中は静かで夜はひんやりとして、月を見ながらDobyisshiiの「月の光」を聴いているのがせめてもの心の安らぎ。

最近はお客さんも急に多くなってきていろいろな病状への対応・研究にも力を注いでいる。
お聴きしているとその病因も複雑で、尚且つここに来られるまでに病院からしこたま沢山の新薬を飲まされている。
鎮痛剤、胃薬、抗アレルギー剤、睡眠導入剤、安定剤と次から次と泥の上塗りのような薬の出し方。
患者さんは分けのわからぬまま次々と飲まされてその挙句不調を訴えて来店される方が非常に多い。
いわゆる薬漬けとかポリファマシーとかいわれていますが、これだけ多くの化学物質が体内に入ってきて
人の臓器が上手く処理できるとでも思っているのだろうか?常識に考えてみてもわかるだろう。

今までは漢方とは病院治療の補助的なものと思ってきたのだが、最近になって私の病気に対する研究も進み補助的なものではなくて、中心的な役割を担っているとの確信を持つようになってきました。
さらには、今の医療に対する不信が大きく声を挙げてきています。代替え療法とか言われてそのような書籍も多く見られるようになってきましたが、そのうちに代替えではなくて中心療法になっていくと思います。

私も、現代病を別の角度から考えていこうと賛同する友人などが加わり研究会を立ち上げました。
いいものはいい、あかんものはあかん、おかしいものはおかしいとはっきりと言っていこうと思っています。
ということで
*生体薬理・活性酸素研究会  を立ち上げました。この会を通じて研究成果を発信していこうと思います。
また、同時に発足した*愉しい漢方ライフの会を通じて、生活の中に東洋医薬的考えを取り入れることによって
忘れていた日本文化の素晴らしさ・楽しさをよみがえらせてほしいと願っています。
style="font-size:150%;line-height:150%;">




漢方相談あうん堂薬局は、煎じ薬・エキス剤専門です。
丁寧なカウンセリングを元に適切な処方を行うため、ご予約の方を優先とさせていただいております。
ご来店の場合は、あらかじめお電話にてご予約をお願いします。
(カウンセリング料金など詳細はお電話でお問合せください。)

090-8932-3779(営業時間:11:00~19:30)
※事前にご連絡ください。出られない場合は、着信とメッセージを残していただければ後ほど折り返しご連絡いたします。
メール・skypeでのご相談もお受けしております。  >>  詳細はこちらから
同じカテゴリー(あうん堂の考え方)の記事画像
血液の大切さ
煎じ薬を研究してわかってきたこと
漢方煎じ器を使ってみて
漢方の考え方で、ライフスタイルを改善する
同じカテゴリー(あうん堂の考え方)の記事
 血液の大切さ (2017-04-27 21:00)
 煎じ薬を研究してわかってきたこと (2016-09-11 23:09)
 漢方煎じ器を使ってみて (2016-09-08 16:00)
 その2 様々な慢性病に出会って気づいたこと (2015-11-20 23:00)
 加齢臭、口臭について考える (2015-05-11 21:00)
 漢方の考え方で、ライフスタイルを改善する (2015-04-27 15:39)
Posted by 漢方相談あうん堂薬局 at 06:00│Comments(0)あうん堂の考え方

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。